HOME

都中美WEBサイトへようこそ!

「都中美」とは、東京都の中学校の美術教員で組織する研究団体です。
主な活動は、年1回の研究大会の開催、研修会や講演会の企画・実施、研究紀要や都中美ニュースの発行などです。
「都中美」ではこれらの活動を通し、会員が相互に研修を深め、日常の実践やその成果について情報交換を行いながら、美術教育の充実に向けてのネットワーク構築に取り組んでいます。

■ 更新情報


  • 2022年5月25日 NEWS大会案内
    第 2ブロック(新宿・目黒・世田谷・渋谷) 世田谷 大会のご案内

    第39回 東京都中学校美術教育研究大会

            ~1次案内~

     新型コロナウィルス感染症の感染状況が不透明なため公開授業を見送り 世田谷区教育総合センターにおいて、 事例報告 及び分科会、全体会を実施します。

  • 2022年5月21日 NEWS研修案内
    令和4年度 夏季研修会のご案内

    日 時: 8月8日(月) 9:00~16:45

    場 所: 世田谷区立砧南中学校

    テーマ:「生き方につながる美術教育」

    内 容: 生徒作品を持ち寄って「新学習指導要領と三観点での評価」の視点で行う協議・発表と講演

    ※詳しくは下記お申込み書をご覧ください。

  • 2022年5月20日 NEWS活動方針
    令和4年度東京都中学校美術教育研究会 総会・研修会

    日時 令和4年5月19日(水)14時30分から16時20分

    場所 梅丘パークホール

    1 総会

    内容 開会の言葉

       会長挨拶 会長 昭島市立瑞雲中学校校長 山下 久也

    来賓祝辞 東京都教職員研修センター研修部 教育経営課 指導主事

    議長団選出

    議事

     第1号議案 令和3年度活動方針

     第2号議案 令和3年度決算報告

     第3号議案 令和4年度役員選出及び研究会組織

     第4号議案 令和4年度活動方針及び活動計画

    令和4年度活動方針

    ・美術科教員相互の連携を図り、授業力向上をするための研修を行う。

    ・中学校美術教育についての実践的な研究を行い、成果を発信する。

    ・関係団体と連携し、広く美術教育の充実・発展に寄与する。

    (以下略)

     第5号議案 令和4年度活動予算

    全ての議事は承認されました。

    事務連絡

    ・第39回東京都中学校美術教育研究大会(世田谷大会)について

    ・夏季研修会について

    2 研修会

    講師 有限会社RAMアートディレクター 田口 英之 氏

    演題 「発想の原点・アートディレクションとグラフィックデザイン」 

  • 2022年4月12日 NEWS活動方針研修案内総会案内
    令和 4 年度 東京都中学校美術教育研究会 総会・研修会のお知らせ

    1  日 時

     令和 4 年5月 19日(木) 14時30分から16時20分まで


    2  場 所

     梅 丘パークホール  世田谷区松原6-4 -1

      小田急線 梅 ヶ 丘 駅下車 徒歩 1 分
      TEL . 03 5300 3220


    3  内 容

     1  会長挨拶
     2  来賓挨拶
     3  議 事

    ・令和 3 年度 活動報告 ・決算報告
    ・令和 4 年度 役員選出 ・活動方針・予算案

    4 研修会 講 演

    15時30分から 16時 2 0 分まで
    講 師 有限会社 RAM アートディレクター 田口 英之 氏
    演 題 『発想の原点:アートディレクションとグラフィックデザイン』

    ※総会の詳しい案内は下記ファイルをご覧ください。

    講師の田口英之氏のプロフールや活動等については下記ファイルをご覧ください。

    ※コロナ禍等により中止する場合はこちらの 都中美 WEB サイト にてお知らせします。
  • 2022年1月18日 NEWS大会報告
    第38回 第1ブロック 大田区大会

    未来につながる美術教育
    ~豊かな社会を生み出す”創造力”~

    大会当日の様子はこのページの最後に動画映像へのリンクがあります。

    ◇日時 令和4年1月14日(金)13時から

    ◇会場 大田区田園調布せせらぎ館

    ●全大会Ⅰ

    1 開会の言葉

    2 主催者挨拶 東京都中学校美術研究会会長挨拶

    3 実行委員長挨拶 大田区区立田園中学校

    4 来賓挨拶 大田区教育委員会教育長

    5 基調提案 大田区立貝塚中学校

     新学習指導要領が改訂され、今年度から中学校が全面実施となりました。また教育課程全体を通し、育成を目指す資質・能力が3つの柱に基づいて再整理され、学習評価の観点については3観点に整理されました。美術科は、『「表現及び鑑賞」の活動を通して、「造形的な見方や考え方」を働かせ、「生活や社会の中の美術や美術文化と豊かに関わる資質・能力」を育成することがをより一層重視していくこと』を目指し、目標及び内容が改善されました。育成を目指す資質・能力は、「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力」「学びに向かう力、人間性」の3つの育成を目指していくことが求められています。美術教育は「想像力(imagination)」を働かせ、「創造力(Creative)」を養う教科です。新しい発想や表現で作品を生み出すことを行っています。また出来上がった作品だけを見るのではなく、「試行錯誤」というプロセスが大切であり、「試行錯誤」をすることが育つ教科でもあります。「創造力(Creative)」とは、社会や文化、人間を創り出す”力”です。美術の作品づくりを通して学ぶことは、その後の「豊かな社会・文化・人間」をつくりだすことにつながり、それは「希望ある未来につながるていく、という思いを込めてテーマ設定をしました。

    ●研究発表

    実践1 授業者/品川区立品川学園

    第1学年「箸置きから考える”食を楽しむ”デザイン

    実際に給食の時間に使用し、美術作品と実生活のつながりを考え、見方考え方を広げます。

    指導講評

    実践女子大学特任教授

    実践2 授業者/大田区立大森東中学校

    第3学年「葛飾北斎 神奈川沖浪裏」の魅力について考える

    授業ではグループ活動でお互いの個性や良さを感じながら多様性を認め、様々な価値観に気付く展開になるように工夫します。

    指導講評

    元全国造形教育連盟委員長

    ●全大会Ⅱ

    1 講演「未来につながる美術教育~豊かな社会を生み出す”創造力”~

    文部科学省 初等中等教育局教科調査官 平田 朝一氏

    2 謝辞 東京都美術教育研究会

    3 次回大会実行委員長挨拶 世田谷区砧南中学校

    第39回第2ブロック世田谷大会は令和4年12月2日(金)に世田谷教育総合センターで開催予定

    ※今回の大会は新型コロナウイルスの感染防止のためZoomを使った大会の配信も同時に行いました。